シャモニクラブ山行記録

忘年山行・湯河原幕岩

日時:2017年12月16日(土)〜17日(日)

参加者:柴原、内山、藤波、高井、浅川、笹川、柴崎、小野


恒例の湯河原・幕岩での忘年山行は当初天候が危ぶまれたが、二日とも好天に恵まれて、予定通り実施。残念ながらJR京浜東北線の架線断線の影響で東海道線の運休と大幅遅延のため、参加予定の山川さんがやむを得ず欠席となったが、柴崎さんがわざわざ駆けつけてくれてにぎやかな忘年会となった。。
16日は、幕山公園には、9時の湯河原発のバスで到着したが、岩場の人気ルートはすでに満杯状況で、最初はシンデレラ・フェイスのトムソーヤ(5.8)に藤波がトップロープを張って、それぞれに登攀。
続いてガリバーの岩場に移動して、道化師(5.9、内山リード)、赤ずきんちゃん(5.9、内山リード)でそれぞれに苦しみ楽しみ、最後は桃源郷のインチキするな(5.8)を楽しんで、第一日目を終了。宿の「民宿 かしわぎ」に。

ガリバーの岩場でのお昼休憩

ここで、笹川が合流。それぞれにお風呂で汗を流して、笹川差し入れのワインや缶酎ハイ、焼酎などで下地を作って、夕食を兼ねて忘年会。いつもの鍋料理をつつきながら飲み、食べ、談笑してひと段落したところに柴崎が飛び入りで激励に訪れて(宴会が終わったところで忙しく帰宅、お疲れ様)賑やかになった。

翌17日は、所用で小野、柴原、笹川は帰京したので、岩場には藤波、内山、高井、浅川の4人が向かい、正面壁のポニーテール(5.9)とNo.7(5.9)で、岩登りを堪能した。
高井、浅川両君もだいぶビレイをはじめとするロープワークになれてきたのは頼もしい。継続して研鑽を積んでほしい。
今回の忘年山行は、藤波・内山ペアが、終始、トップロープの設定と回収を担当し、また、新会員への指導も積極的に行い、頼もしく感じました。(小野 記・写真提供:小野、浅川)

トムソーヤ(5.8)藤波リード、内山ビレイ道化師をリードする内山

レクチャートムソーヤ、浅川

道化師を登る藤波道化師終了点、小野

赤ずきんちゃんを登る浅川終了点から取り付きを覗く

「いんちきするな」を登る高井   いつもの特注鍋

集合写真(約一人隠れた)

12/7 正面壁No.7をリードする藤波同 ポニーテイルを登る内山


山行記録Topへ