シャモニクラブ 山行記録

奥穂高岳

日時:2017年5月2日(火)〜5月5日(金)

参加者:小野(L)、藤波、内山、高井

2日(火) 晴 松本バスターミナル10:15〜12:00上高地13:00〜16:30横尾山荘

3日(水) 晴 横尾山荘6:50〜本谷橋〜10:30涸沢。

4日(木) 晴 
涸沢ヒュッテ 6:15〜8:50穂高岳山荘9:10〜10:20奥穂高岳10:40〜穂高岳山荘12:30〜13:40:20涸沢

5日(月) 晴 
涸沢ヒュッテ 7:00〜8:15横尾山荘8:40〜10:00徳澤園10:30〜12:00上高地(昼食・コーヒータイム後解散)


2日(火) 晴

 新宿をスーパーあずさ1号で立ち、途中、甲斐駒などを車窓から眺めたりして、松本駅着、バスターミナルから直行バスで上高地へ。今年は昨年とクラブ雪が多く、路傍には残雪があり、昨年のニリンソウ(ほぼ満開)の姿さえ見えない。梓川沿いの化粧柳や落葉松の芽吹きも昨年と比べ遅い。観光客は多いが、登山者の数はさほど多くないようだ。本格的なGWは明日からのこともある。  明神では、明神岳を仰ぎ見て小休止して徳澤へ。徳澤園でコーヒーなどをいただいて、一路横尾へ。今日はここまでだ。横尾では夕食前に風呂を浴びて一杯やって寛いだ。

5/2 8:50 車窓から甲斐駒ヶ岳13:00 河童橋と奥穂高岳

13:55 明神岳15:35 新村橋と明神岳を背に高井

16:15 木々の芽吹きはこれから17:10 横尾山荘前

3日(水) 晴

 朝食のあと、7時前に山荘を後に、横尾の森を抜けて、本谷橋(雪が一杯で、橋はまだ見えないというか架けられていないのか)で一休みして、ひたすらデブリの顕著な涸沢登りる。奥穂が見えてきたときには、高井君は歓声を上げた。彼は過去に雪山は、天狗岳しか経験がないとのことで、大興奮である。「白出のコル」が見えてきたときに、高井君がコルって何ですか、という質問がおかしかった。
 やがて、涸沢ヒュッテの鯉のぼりが見えてきて、途中で、あとから登ってきたヒュッテの山口社長とあいさつを交わす。ヒュッテの建つ丘の斜面では常駐隊の皆さんが救助訓練を展開中だった。10時頃にはヒュッテに到着し、写真を撮ったり、食事をしたりして過ごした。
 午後一に、小野、内山、高井の3人で雪上訓練。ピッケル・アイゼンを使った歩行、登高/下降、方向転換、急傾斜の雪面の昇り降り、滑落防止、ビーコン、プローブを使った 雪崩からの救助訓練など。走行しているうちに藤波が到着して全員が揃った。ヒュッテは満室のようで、今日はた4枚の布団に6人が寝ることになった。明日の晩は2人増えて4枚の布団を8人で共有することになっている。

5/3 6:40 いざ出発(T)9:00 奥穂と吊り尾根が見えてきた

9:15 奥穂を背に、高井君上着を脱いで(T)

10:18 前穂が見えてきた。涸沢岳とザイテングラートに白出のコル

10:18 北穂南稜と北穂沢12:50 滑落停止訓練

ビーコンによる捜索訓練プローブによる捜索

発見(笑)訓練終了

4日(木)晴

 朝食のあと、支度をして、アイゼン装着所に集合。すでに多くの登山者があずき沢や北穂沢に列を作っている。6時10分ごろに涸沢ヒュッテを出発し、ひたすら雪渓を歩き、穂高岳山荘のある白出のコルには、9時少し前に到着し、しばし、四囲の景色を眺め、呼吸を整えていよいよ、奥穂高岳への登山開始だ。

5/4 6:10 スタート前の4人山口社長作の概念図
8:20 前穂の稜線と吊り尾根を横に見て(T)白出のコルを目指す列(T)

8:40 涸沢ヒュッテとテント場、常念、蝶(T)8:50 前穂北尾根の5峰〜本峰

9:10 山荘のすぐ上のハシゴと雪壁槍ヶ岳と後立山の山々

 小屋のすぐ上の鎖場、鉄ハシゴの上の雪壁は要注意箇所である。「高井にケガさせないように」との冨田の助言もあり、藤波がピッケルの使い方、足のけりこみなどをしっかり教え、無事に通過。
 あとは、頂上直下の雪壁、のみが要注意箇所である。10時を少し過ぎたころには頂上にたった。四囲の山々を下に見て、写真などをそれぞれにとって、ジャンダルムを背に4人で写真を撮って、下山の準備である。ここから、白出のコルまでは、藤波、高井、内山、小野の順番で、アンザイレンし、危険個所では用心深く下降した。穂高岳山荘では、昼食をとって、少しゆっくり休憩した。涸沢への長い、少し緩くなった雪渓の下降は、午前中の雪崩で死亡事故があったとのことで、ルートが大幅にザイテングラート側に寄って作られていた。我々が下降しているときも右側斜面で雪崩が発生しているのを目撃した。この、私は4人の先頭を切って涸沢ヒュッテのパラ間売店につき、冨田さんの出迎えを受けて、まずはワインを一杯。そのあと、ジョッキで生ビールで乾杯。間もなく、3人が到着し、8人が全員揃ったところで記念写真。

笠ヶ岳の雄姿焼岳、乗鞍、御嶽山
前穂高岳ジャンダルムと西穂

北穂と槍ヶ岳10:30 奥穂頂上
13:30 涸沢へ下降、内山、藤波(T)県警ヘリ涸沢へ
15:20 全員集合(T)15:50 雲湧き出る奥穂高

5日(金)晴

 3時に5-6のコルから前穂北尾根経由で奥明神沢を下って岳沢ヒュッテに向かう4人組を見送ったあと、我々4人は朝食をとって、北尾根組が残していった装備などを分担してパッキングして、6時10分ごろに涸沢ヒュッテから下山を開始。
横尾で、デポしていた着替えなどをリパッキングして、上高地に向かう。徳澤園で珈琲などいただき休憩して明神に向かい歩き出すと、北尾根で滑落事故との知らせ。急ぎ上高地に向かい、北尾根パーティと電話連絡をし善後策を決める。上高地食堂でお昼をとり、河童橋を渡って西糸屋山荘の喫茶室で休憩した後上高地バスターミナルで解散した。


5/5 5:50 5-6のコルに向かう4人6:10 混雑する朝のキャンプ場
6:30 奥穂・涸沢岳をふり返る17:21 横尾山荘前

登山道脇で、サルが毛づくろい10:10 徳澤園

13:25 西糸屋山荘

(文責:小野、写真提供:小野(無印)、高井(T))


山行記録Topへ
-----------------------------7de1721e07d8 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream