シャモニクラブ 山行記録

日和田山クライミング

日時:2017年4月2日(日)

参加者:冨田、長嶌、小野、ゲスト(Tさん:27歳、Kさん:44歳)


ルート:
   ―岩南面:
   男岩西面:松の木ハング(5.9)
   バルジ(5.8)
   ぅ好謄潺鵐亜Ε侫Дぅ(5.7)

今日は、入会希望の二人のゲストのための特別訓練を行うため、朝8時35分に西武線高麗駅で待ち合わせ、冨田車で登山口に駐車スペースまで。よく整備された登山道をしばし歩き、女岩の頭で、クライミングの支度を整え、冨田講師と長嶌助手のレクチャーで、今日の講座のあらましについての説明のあと、基本装備、登山についての基本的な心構え、ビレイのやり方、基本的なロープの結び方についてのレクチャーのあと、下に降りて、女岩の南面の比較的優しいルートでトップロープを張り、何度か登りとクライムダウンを経験し、次に、懸垂下降のレクチャーと実践を行った。

 軽く昼食を取った後は、男岩に移り、難易度の高いルートをトップロープを使って上る練習とビレイの練習を繰り返し、マルチピッチの練習をしたいというKに対しては、特別に冨田講師直々のレッスンを行い、4時頃までぎっちりと詰まった講習会を終了。次は三つ峠でのクライミングの予定。

男岩西面、長嶌(左)とKさん同、Tさん(左)とKさんマルチピッチの体験、Kさん

 帰りは飯能駅まで、3人一緒だったが、二人とも前向きで好感が持てる。二人の加入で会の活動が活発になればいいし、さらに新会員の増加につながればなお嬉しい。なお、今回のようなクラブの山行の一環としてでなく、講習のためのイベントで出てくれた会員については、交通費の実費をクラブとして負担するなどの対応が必要になると痛感した。  (小野記)


山行記録Topへ
-----------------------------7dd921d10498 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream