シャモニクラブ 山行記録

剣岳・本峰南壁、大日岳

日時:2016年8月3日(水)〜7日(日)

参加者:冨田(L)、長嶌、小野

当初計画は、「2日目に熊の岩付近にBCを置き、八ツ峰VI峰A〜Dを登り、翌日チンネを登攀、BCを撤収して真砂沢ロッジに泊まり、内蔵助平経由で黒部ダム、大町経由で帰京」だったが、各山小屋の情報を集めると、各所で雪渓が崩落し、剣沢雪渓、長次郎谷、ハシゴ沢などが通行止めになって、三の窓、熊の岩までは別山尾根〜頂上を経てBCを設営しなければならず、やむなく全面的に計画のやり直しとなった。

8/4 10:30 頂上

8月3日かがやき501号で富山にでて、電車・ケーブル・バスで室堂着、昼食のあと、雷鳥沢〜別山乗越を経て剣沢小屋(13:40)

8月4日2時半起床3時出発。剱山荘に着替えなどデポして、別山尾根を登り、平蔵谷上部をトラバースして、本峰南壁取付(7:30)、予定していたA2に先行パーティがおり、落石を避けてA3壁に。長嶌リードでスタート、途中冨田にトップを交代し、9:30に登攀終了。一般道に出て剣岳頂上(10:30)、下山は剱山荘まで蟹の横這いなどの難所を含む一般道をたどって約4時間。

8月5日この日は大名旅行。剱山荘で朝食のあと、雷鳥沢ヒュッテまでのハイキング。別山平(8:30)〜雷鳥沢ヒュッテ(11:00)

8月6日冨田、長嶌の二人は、大日岳登山のため、4時起きで朝弁を取って5:00出発。新室堂乗越から登山道に出て、奥大日岳〜中大日岳〜大日岳に上り、大日平山荘(10:30)
この日下山予定の小野は6時の朝食の後、室堂から富山に出て、11:19のはくたか560号で帰京。3時に帰宅。(以上、小野記)

8月7日大日平山荘〜大日平〜称名平駐車場〜室堂〜富山〜東京(19:30)。(大日岳から称名平駐車場までの距離は約7.5km、標高差1528mで急傾斜、下りも大変だったが、登りは相当きついはず)


8/3 13:55 悪天候の時に行動する?雷鳥のつがい

8月4日、好天の中、尾根を辿り、平蔵のコル手前から南壁を観察し、顕著なテラスのあるA2稜を目指し、がれ場(本来は雪渓)をトラバース、テラスに向かう。あと、わずかで先行パーティが先にテラスにつき(A2稜はここではないよ!)と言ってくる。他にガイド図に記されているテラスなどなく、A1稜も考えたが、岩場は全体に脆いので、40mほど手前のリッジの末端凹角を長嶌トップで登攀開始。

8/4 5:30 鑓 天狗 不帰の嶮 唐松 五竜 鹿島槍 爺 8/10 同 剣岳の雄姿

7:30 取付きの上部

8:46 1ピッチ目にとりつく小野9:19 リードする長嶌

濡れて登りずらそう。すぐに右に出てリッジを回り込むと声も聞こえなくなる。しばらくして「登っていいよ」と声が掛かりリッジを回り込むと凹角内でビレーしている5mほど上に錆びたボルト3本のビレイポイントがある。経験不足から見えていない。不安定なハーケン1本とカムでは頼りないので、上のレッジまで登って貰い。次のピッチもリードさせるが、スラブと脆いリッジで躊躇しているので、そこまでフォローし、リードを交代。 脆そうなリッジ通しに登り、途中浮石を踏み、落石をしてしまうが、40mほどノービレイで広いテラスに着く。上部を見上げると、「カニのたてばい」の途中がみえ、しばらく歩くと本峰への登山道に合流する。(以上、冨田記)

9:55 セカンドを確保する冨田10:16 登攀終了

10:30 頂上、早くもガスが 11:20 剱山荘まであと3時間

剱山荘への到着は14時30分。別山尾根はカニのたてばい(上り)とカニのよこばい(下り)が難所と言われているが、今回はよこばいも渋滞するほどの混雑もなく、 スムースに下降。いずれにしても前剣、一服剣を経て剱山荘に到着したときは、剣沢小屋に到着したとき同様にまずはビールで乾杯。今朝は2時半起床、3時出発の長い行程だった。明日はのんびりだ。夕食までに昼寝をしたり、シャワーを浴びたり、テラスで談笑したり、のんびり過ごす。

3日目は、冨田、長嶌の大日岳登山のための中継点として雷鳥沢ヒュッテへの宿泊である。 剱山荘からの歩程はおよそ3時間余りである。ゆっくり朝食を摂って、7時ころに出発し、別山平に8時半に到着。剣御前小屋で珈琲など頂きながらゆっくり休憩し、そこから一路下って雷鳥平に11時到着。早速ビールでのどを潤す。ここは源泉かけ流しの温泉付きで、キャンプ場からも大勢が温泉につかりにやってくる。今回は剱山荘、雷鳥沢ヒュッテ、すぐ隣のロッジ立山連峰(同じ温泉付き)がすべて同じ経営と言う事が分かった。

8/5 6:30手前源次郎尾根と遠方は五竜と鹿島槍7:40 剣岳の雄姿を背に。表情に余裕が(笑)

8:30 別山乗越から雷鳥沢、地獄谷、雷鳥沢同 剣岳本峰 八峰 源次郎尾根 前剣

8:36 剣岳と後立山(旭 白馬 鑓 天狗 唐松 五竜)

私にとっての最終日は室堂までのおよそ1時間の歩きで、あとはバス、ケーブル、電車で富山に出て新幹線での帰京である。ゆっくり朝食をとって出発。11時19分の新幹線の出発前にビールと鱒ずしを買い込んで乗り込んだ。一方、他の二人は4時起きで朝弁をとって大日岳に向かった。さて、その顛末は(続き)のお愉しみ(以上 小野記)
8/6 7:00 みくりが池から立山の日の出


8月6日 大日三山縦走

8/6 13:38 大日岳頂上、バックに剣岳

朝5時に雷鳥沢ヒュッテを出発。まだ薄暗いが、ヘッドランプをつけるほどではなく 雷鳥沢キャンプ場から沢を渡り大日岳への道を進む。なだらかな登り道で快適に歩いて行ける。雄山や地獄谷を見下ろす登山道脇は咲き終えたチングルマだらけ。
縦走路はとても歩きやすく、あちこちに花が咲いていて景色を楽しみながら歩いていると奥大日に到着。剱岳の眺めが素晴らしい。

6:50 大日岳への登山道から雷鳥沢方面9:09 最初の奥大日岳

11:37 中大日岳

小休止を取り、大日岳を目指す。ここからも色とりどりの花が咲いていて飽きない。 中大日岳を通過し、大日小屋に到着。ここからの眺めもまた最高!この小屋に泊まって 夕方や朝の劔が見たかった!小屋前でアルファ米とスープでランチを取り、大日岳へピストンする。
このあたりはまだチングルマが咲いている。ちょっとしたお花畑で歩いていて楽しい。 そして頂上からの剱岳の眺めがまた素晴らしかった。ずっと眺めていたい気分だが、今日の宿である大日平山荘へ急ぐ。ここからは下りになるが、想像していたより急で涸れ沢の中を通ったりかなり疲れる。視界が開けると、広い台地の中にポツンと赤い屋根が見えた。

13:20 4日に登頂した剣岳13:41 大日岳から剣岳、立山連峰

下りの傾斜が緩くなると木道が現れ、この木道がまた長いのだが、「疲れたな〜」と重い足を進めていると木道脇を何かが動いた。「トカゲ?」と立ち止まるとひょこっと顔を出したのはオコジョ!「きゃーーかわいい!!!」 劔から降りてきた日に、剣山荘の前で人生初オコジョと遭遇して興奮したが まさかまた遭遇するとは思わなかったのでテンション上がりまくり。しかも今回は「あっ逃げた」と思ったらすぐまた木道脇から現れたり15 分くらいはオコジョが遊んでくれた。 そしてまだかな、まだかなと木道を歩き、やっと大日平山荘へ到着。ここでもシャワーがあり、さっぱりすることができた。

16:18 オコジョ

16:31 木道18:09 不動滝、弥陀ヶ原ホテルが見える

またこの小屋のゴハンが美味しいこと!夕日が落ちるのを小屋の前で眺め夜は星空を見上げる。翌日は下りのみだが、これまた急な下り道。ハシゴあり、ロープありでかなり消耗した。そして称名滝の登山口に到着!このルート、劔岳の眺めが最高で、お花畑があちこちにあって楽しいルートだと思った。そしてオコジョに会えるかもしれない。《長嶌》

今回見た高山植物と動物

高山植物の名前は自信がありません(^-^;; コメントいただきたく。 (写真提供は長嶌:Nと小野:無印)

オコジョ(N)突如現われた雷鳥(N)

ヒメノマツムシソウとミヤマキンバイ(N)ウサギ菊にとまるクモマベニヒカゲとミヤマアケギノソウ(N)

タテヤマリンドウイワツメクサ

ヨツバシオガマとハクサンボウフウチングルマとハクサンボウフウ

チングルマシナノキンバイ

アオノツガザクラクルマユリ

ミヤマトリカブト


山行記録Topへ
-----------------------------7de1721e07d8 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream