シャモニクラブ (個人)山行記録

蔵王山スキー縦走

日時:2016年 2月27日〜29日

参加者: 冨田、ガイド仲間の友人


2月27日
 山形蔵王温泉着12:00ジンギスカンのランチを楽しみ。
午後からゲレンデへ。観光客はいるが、ゲレンデはガラガラ!半日たっぷり滑り夕食後、新たにできた、近くの外湯を楽しむ。

2月28日
 ロープウエイお乗り継ぎ山頂駅へ、お釜周辺は自主規制しているが、自己責任で、視界不良と強風の中、シールを聞かせて地蔵岳へ登る。

2/28 12:22 地蔵岳

 先は予想に反して石が出ていて、濃霧、強風なのでアイゼンを付けて、熊野岳の山腹を巻くように、標識ポールを見失わないよう気を付けながらゆっくりとのぼると熊野岳非難小屋、の直ぐ上にでる!氷雪をまとった小屋は白い箱のよう!

2/28 13:50 熊野岳非難小屋

 普段はエメラルドグリーンのお釜も、今は灰色に氷りついているやがて雲が切れて、刈田岳神社への稜線が見えてくる。鞍部までスキーで滑るが稜線上も小石が出ていて脱いだりはいたりを、繰返し少し登り返すと刈田岳神社に到着。すぐ下の避難小屋で休憩。

 ここから快適な滑走をイメージしていたが雪少なく、先行パーティはブッシュのなかをそろそろと滑っていく、我々は、ブッシュの無い左のスロープから宮城蔵王スキー場へむけ滑りだす。尾根上のスロープを楽しく滑る、しばらく楽しむと雪不足からか行き止り、になっており、雪上車の踏み跡沿いにゆるい斜面をたどり、宮城蔵王澄川スキー場に滑り込む。

 レストハウスで休憩していると下山バスの時間となり、今宵の宿青根温泉の不忘閣(伊達家の温泉保養の宿)へ! 70段の階段を上り部屋につく。歳を重ねたら、きついです。 立派な浴室が沢山あり、最高に贅沢な気分になる。

2月29日
 今日も刈田岳から滑りたいと、澄川スキー場から中国人団体と一緒に雪上車に乗り山頂近くの第一カーブまで行くもホワイトアウトで周囲が全く見えず、ラッセルする気もないので、雪上車の踏み跡に沿って、下り、澄川スキー場で何本か滑って、帰路についた。遠刈田温泉バス停の立ち寄り湯もなかなか良かった!

注意 宮城側はバス便が非常に悪いので行かれる方は、調べてから出かけてください。


山行記録Topへ
-----------------------------7de2a41630788 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream