シャモニクラブ 個人山行記録

報告者:上原

日時:2014年7月〜9月


【 丹沢/セドノ沢右俣遡行・セドノ沢左俣下降】沢登 2014年7月12日(土)
メンバー:上原、栗田(MSC;マウントスポーツクラブ)
6:30 戸沢駐車場〜水無川本谷堰堤近辺入渓〜セドノ沢右俣遡行
10:30 大滝F4〜左俣へトラバース〜セドノ沢左俣下降、13:00 戸沢駐車場

・学生時代友人と好天・避暑を期待して丹沢へ沢登。
・水量は膝下程度、遡行中は曇り気温もやや低く、ヒルとは遭遇せず。
・F2/8Mの滝とF4/35Mの大滝は、栗田リードでロープ登攀。
・今回の核心部F4大滝は、左のカンテ状の岩から1ピッチで登る。
・左俣下降は右俣との出会の下の10M滝を筆頭に、滝では3回ほど懸垂で下降。

今年2回目の沢登で、人気の沢だが遡行・下降中、誰とも会わず、静かな沢登りを満喫できました。

セドノ沢右股F4セドノ沢左股枝沢

【 南ア/間ノ岳〜北岳】一般縦走 2014年7月18日(金)〜20日(日)
メンバー:上原、ふみよ(妻)
<7/18>7:00奈良田駐車場〜(バス)〜10:00広河原〜14:15両俣
<7/19>5:50両俣〜(仙塩尾根)〜12:00間ノ岳〜13:30北岳山荘
<7/20>5:15北岳山荘〜7:30北岳〜(草スベリ)〜13:15広河原

・海の日3連休を利用した恒例の家内とのテント泊山行。
・両俣テン場は我々のテント含め3張。
・雨中、妻は仙塩尾根〜間ノ岳を快調に登る、誰とも会わず。
・最終日の北岳は快晴で360度の景色を満喫するが、白根御池小屋からの  急な下りで家内が足を痛めたため、家内ザックを背負って無事下山。

家内は初めての2泊縦走登山(それまでは1泊)。また初めての3,000M超登山だったが、 普段のマラソントレーニングの成果か登りは安定しているが、課題は下り。 しかしながら、日本第2位の標高の北岳に登り感激していたので良かった。

7/20 北岳頂上

【 北ア/上高地〜涸沢】一般縦走 2014年8月23日(土)〜24日(日)
メンバー:上原、ふみよ(妻)
<8/23>11:00上高地〜12:30徳澤園・テント設営15:30〜横尾(トレラン)〜17:00徳澤園
<8/24>5:30徳澤園〜横尾〜10:00涸沢〜12:30徳澤園・テント撤収〜14:00上高地

10月の島田大井川マラソンのトレーニングを兼ねた家内との徳澤園合宿だが、二日目の涸沢は生憎の雨中山行となり、写真やテレビにおいて家内憧れの涸沢は全てガスで景色ゼロ。 とはいえ、山中の静かな避暑地の良いトレーニングだった。

屏風岩梓川から望む穂高連峰

【 南ア/黒戸尾根〜甲斐駒ヶ岳】一般縦走 2014年9月13日(土)
メンバー:上原単独
5:15竹宇駒ヶ岳神社駐車場〜8:20七丈小屋〜10:00駒ヶ岳頂上10:20〜13:00竹宇駒ヶ岳神社駐車場

7、8月と週末になると天候が崩れていたが、この3連休は天気が良さそうなので、自宅からのアプローチが便利な黒戸尾根〜甲斐駒を思いつき、12日(金)23時過ぎに自宅を出発し、中央高速/談合坂・双葉Pで仮眠し、4:45に竹宇駒ヶ岳神社駐車場に到着するがほぼ満車状態。気温はやや低く湿気もなく標高差のある黒戸尾根を登るにはちょうど良い気候。登山者も少なく、マイペースで快調に登ると予想以上に早く頂上に到着したため、そのまま一気に下山し、結果的に日帰り登山となった。

9/13 甲斐駒ケ岳頂上甲斐駒から北岳を望む


山行記録Topへ
-----------------------------7de1721e07d8 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream