シャモニクラブ 個人山行記録

ドロミチでクライミング

日時:2014年8月13日〜30日

参加者:猪口


Spigolo Giallo - Cima Piccola di Lavaredo

先日日曜日(31日)深夜、帰宅しました。
おおざっぱですが、報告します。いずれもイタリアのガイドと登りました( ↓◆↓ぁEnrico、=Piero)

8月19日(2ピッチ目途中から雨で、翌日20日クライミング)
トレーニング+岩質に慣れるため、コルチナダンペッツォより車で20分のCinque Torri(2316m)でクライミング。后棔。競團奪繊々眥禳坑横娃娃蹇。音間
全体にガバだが、ハングや斜度が立っていて緊張。その後同じ山の別ルートでトップロープでトレーニング。ほとんどがオーヴァーハングで、最後は完全にパンプ。

22日 上記の山の対面Toffana di Rozes(2650m)Spigolo sud
V 12ピッチ 高低差380m 3時間45分
近くからも遠くからも美しいspigolo(arete)で、絶対登りたくなるルート。やはり全体に立っていて、部分的にハングだが、楽しい。

25日 Tre Cime(Drei Zinnen) Cima Grande normal route(2998m)
コルチナから車で40分ほど。アプローチ40分、掘々眥禳坑苅毅娃蹇。音間
Tre Cime の全体の感覚を知ろうと登った。当然だがとても易しいルート。ただ、3か所ほどチムニーがあること、ルートを間違いやすいなどの緊張はある。

28日 Tre Cime, Cima Piccola Spigolo Giallo(yellow arete )(2857m)
此棔。隠灰團奪繊々眥禳坑械械娃蹇。柑間45分
今回、少なくともここだけは…と思っていたルート。3回のトラバースの楽しかったこと!(特に最後の)
綺麗に登れるクラック、かなり緊張するハングなど、ルートの中に多様なピッチがあり、これぞclassic climbing という感じでした。

今夏のDolomitiは例年より寒い上に雨も多く、取り付きから2ピッチほどは指がかじかんだこともあった(歳のせいか)。
初めて行った町、コルチナ・ダンペッツォはシャモニより小さな町で、親密な感じ(イタリア人自身がはそうですが)。クライマーや登山者は少ないが、ハイカーは多く、ところどころにあるrefugioでは食べ物がおいしくて安く、随分楽しめました。山も雪がほとんど残っておらず、ドライ・ウオールを楽しむにはアプローチも短くて最高です。
岩質は石灰岩で、特に頂上に近づくと落雷等のため不安定になるが、注意すれば大丈夫。 ただ、い箸癲下山で沢筋の残雪に(特にぁ剖賚しました。全体に斜度が立っている上にハングが多く、短いルートでもパンプしないように注意。ピトンは極めて少なく、ナチュプロを使える部分は多くはないので、クラシックとはいえ、かなり緊張する。

猪口春秋


山行記録Topへ
-----------------------------7de1721e07d8 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream