シャモニクラブ 山行記録

幽ノ沢 左股中央ルンゼ登攀

日時:2014年7月12日(土)〜13日(日)

参加者:冨田(L)、柴崎、長嶌


7月12日 谷川指導センター泊(冨田、長嶌)

7月13日 2時起床。3時出発に合せ、柴崎がセンターに到着し合流する。
前日の雨のせいか、旧道は水浸しの箇所が多くあり、ぬかるみに何度もはまってしまう。 本日の天気予報は「昼過ぎから雨」。雲がかかった空を眺め、登攀終了までなんとかもって欲しいと願いながら幽ノ沢出合いを目指す。

4時15分、幽ノ沢出合いに着く。河原をしばらく遡行し、小滝を巻き、大きく口を開いた雪渓が見えて来たところで、軽アイゼンを付けて雪渓に乗る。その後、滝が出ている所は左寄りの岩にルートを取り、二股から藪こぎとなる。この藪こぎが手強く、中央ルンゼの見えてきたころ再び雪渓に降りるが、ここで既に7時。かなり時間がかかってしまった。中央ルンゼを目指し、右岸から雪渓をトラバースし、取り付きまでスラブを登る。

7/13 7:04 左股滝沢と中央ルンゼ

トポ図にある1P目は、ノーザイルでトップ冨田に柴崎、長嶌が追いかけるように登る。2P目からロープを結び冨田リードで登攀開始。50mロープいっぱいに延ばす。セカンド長嶌、ほぼ同時にラスト柴崎で簡単なスラブを登る。その間、ランニングは1カ所くらいしか取れていない。フォローとは言え、どこかでランニングが取れる場所がないのか探しながら登るが、全く見つけることが出来なかった。

9時、3P冨田リード。帯状ハングを超えて50mいっぱいロープを延ばす。ハングはフットホールドがしっかり取れるので、身体を上げ、右のしっかりしたホールドを掴んで越す。乗越した後は、右へ6、7m程トラバースし、ルンゼに入り直上する。ルンゼ内、5、6mほど登ったところにランニングが取ってあるが、ビレイポイントからこのルンゼ内までノーランニング!このころから、雨がポツリポツリ。白毛門の方、山の頂上付近はガスに覆われている。

9:35 中央ルンゼ3P

4P目冨田リード。3人が花崗岩のスラブを50mいっぱいノーピンで登り終えたころ、時折雨脚が強くなってきた。見上げると、ガスの中に核心部が見える。下を見るとガスでほぼホワイトアウト状態。残念だが撤退を決め、10時、下降の準備を始める。下降を始めると、更に雨が強くなってきて、さっき登ってきたスラブはいたるところで水が流れ始めた。

11:04 懸垂下降用ボルトを打つ

ハーケン、ボルトを打ち加え、50mの懸垂下降を2回、100mのスラブ帯はクライムダウンで、水流の中のホールドを掴み、クライミングシューズのまま慎重に下降する。緊張しながらやっとのこと、取り付きまで戻ってきた。雨は降っているし、岩場は水が流れているし、ロープにつながれたまま滑らないようにかなり緊張して降りている中、冨田リーダーはロープを回収しながらノービレイで降りてくる!
取り付きで不要なギアを片づけ、再び来た道を戻る訳だが、まず急で氷化した雪渓を下る所から始まる。雪渓をトラバースし、雨でぬかるんだ草付を登って灌木でランニングビレイを取っていると、ラストの冨田がバランスを崩し雪渓上を滑落!20m程滑り、顔に数カ所傷を負った。冨田いわく、「クライミング人生で初めて滑落した!」とのこと。ともかく顔の傷を作る程度で済んで良かった。草付を過ぎると藪こぎが延々と続き、18時40分、やっと出合いに戻った時は本当にホッとした。(長嶌記)

感想 雨のせい?で、こんなにハードな山行になるとは思いませんでした!帰ってきて、全身筋肉痛です。雪渓、藪こぎ、雨の中の草付では、本当に消耗しました。天気が良い時に登りたかったな、と思います。ルート自体は4P目まででしたが、楽しいルートでした。


山行記録Topへ
-----------------------------7de1721e07d8 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream