シャモニクラブ 山行記録

富士山

日時:2014年6月14日〜15日

参加者:柴原、柴崎


14日(土)
15:30  5合目   富士スバルライン 到着  佐藤小屋へ
15日(日)
 3:45  佐藤小屋発  十六夜のハニームーンが富士山に沈む
           4:25  6合目下   日の出

6/15 佐藤小屋発6合目下 日の出

 6:20  7合目    前方は富士山、後ろには下界が広がる
 8:30  8合目3丁15間(海抜一万八百七尺)
 9:30  本8合目
10:00  トレイルランのお兄さんにキックオフを知らされる。「頑張れ!!ニッポン!!」
10:30  9合目    ここから先は雪稜帯。アイゼンなしでOK。見通しがきくので、マイペース登頂の許可がでる
11:00  登頂(3715M) 剣が峰(3776M)には登らず。
12:20  下山開始  本8合目までは雪稜帯をアイゼンつけてガンガン下り
             それから下は来た道を下る。(シーズンの夏道は閉鎖中)
16:10  5合目到着

6/15 5:017号目

感想
登る山ではなく、見る山と聞かされ、混雑ぶりを映像で見る限り富士山登山はありえないと思っていましたが、柴原さんの計画に便乗させて頂き、人生初の最高の富士登山ができました。十六夜のハニームーンをみそびれたのは残念でしたが、ご来光は拝めました。

明るくなり目の前にある富士山の崩落を防ぐ導流堤の異様さにまずびっくりしてしました。6合目で出会ったドバイからの留学生に「ワイフ?」かと聞かれ「山岳会の仲間」だと英語で答えていた柴原さん、ちょっと笑えました。

小屋と導流堤の重なる風景は、要塞のごとく前方に立ちはばかっている感じです。
後方眼下には大学の1年を過ごした寮やグランドがピントを集め、見上げていたライト光る登山道に自分がいる不思議を感じました。

登頂しても360度ビュー?でないところとに山の大きさを感じました。
ただ勉強不足で3776M地点が剣が峰でそこに頂標があるのを知ったのは帰宅後だったことです。

2度目の登頂の機会があればその時は「お鉢めぐり」かな。
  柴原さんのペースのおかげでオーバーワークにならず無事登頂でき感謝いたします。
ありがとうございました。
柴崎

本八合目


山行記録Topへ
-----------------------------7de1721e07d8 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream