シャモニクラブ 山行記録

唐松岳〜五竜岳、不帰3峰A尾根

日時:2014年5月3日〜5日

参加者:A)唐松岳〜五竜岳、小野(L、写真)、柴原、横倉(写真(y))、柴崎、上原、
B) 唐松岳〜不帰3峰A尾根、冨田(L)、長嶌(写真(n))


 
5/4 15:10 雷鳥のつがい(n)

唐松岳〜五竜岳報告

メンバー 小野、柴原、横倉、柴崎、上原
5月3日朝はそれぞれ、新宿、立川、八王子から新宿発8:30のあずさにのり白馬まで(途中甲府あたりまでは自由席からあふれた乗客がデッキや通路を埋めるほどの混雑だった)。
ここでタクシーに分乗して、八方尾根スキー場ゴンドラ駅へ、ゴンドラとリフトを乗り継いで、第1ケルンのある八方池山荘前へ。ここで身支度を整えて歩きだしたら、間もなく雨になり、あわてて雨具を着込む。
とうとう唐松岳頂上山荘につくまで雨はやまず、本来なら、八方池、白馬三山、五竜岳などの眺望が楽しめる八方尾根はケルンを頼りに歩くだけになった。尾根の後半では風も強くなり、気温も下がったため、山荘に着いた時には、濡れたレインウェアがバリバリに凍っていた。
頂上山荘受け付けはかなりごった返していて、乾燥室も1時間ごとに交代するという混雑ぶり。食事の前に小宴会がはじまり、食堂のストーブで乾燥室では渇ききれなかったグローブなどを乾かしていたりして夕食。夕食後には雨がやんで、唐松岳、不帰の剣、五竜や剣岳が雲間から姿を現し、明日の天気を約束してくれた。少し飲んで就寝。

5/3 雨の八方尾根 丸山(n)5/3夕唐松岳、不帰の剣

同、剣、別山、立山、薬師岳の夕景(n)同、五竜岳

5/3 新宿(7:30)−白馬(11:28)−八方尾根スキー場山麓駅(12:30)−八方池山荘(13:30)−丸山(16:00)−(7:00)唐松岳頂上山荘(泊)


5月4日はよく晴れて絶好の登山日和となった。A班は5人、B班は2人の構成だが、A班が一足先に唐松岳を目指して出発。雪が少ないのが特徴で、アイゼンを付けたまま夏道を歩くようなことがしばしば。頂上で四囲の展望を楽しんだり、写真を撮っている間にB班の二人が到着。

5/4朝 不帰の剣同 五竜岳

 
唐松岳頂上。後方は剣岳(n)

B班の二人は不帰3峰A尾根を登攀するので、ここでお別れである。10時から1時間ごとに無線機で通信することにして、一旦A班は小屋に戻り、今度は五竜山荘に向けて、およそ3時間の縦走である。ここはアイゼンをはずして歩く。剣、八ヶ岳、南アルプス、東方には妙高、火打、高妻山などの景色を楽しみながら歩くと、眼下に五竜山荘が見えてくる。 10時と11時のB班との交信は電波状況が悪くできなかったが、山荘にチェックインしたあと、12時以降の通信は柴原に頼んで小野、横倉、柴崎、上原の4人は支度を整えて五竜岳に向かう。

北アルプスの山々五竜と鹿島槍

 
五竜への稜線から八ヶ岳、南アルプス火打、妙高、高妻山

夏道を歩く縦走中の小休憩

 
五竜山荘着五竜岳へのトレイル

途中まではトレースのついたトラバースルートを進み、途中から稜線に出て、岩稜を進み、頂上直下の雪壁を緊張感をもって登ればまもなく頂上(13:20着)である。頂上では鹿島槍やそのキレットや剱岳の厳しくも美しい山襞を望むことができる。ここの頂上は大きく発達した雪庇があり、写真撮影などで不注意にのると大事に至ること必定なので、要注意である。

 
鹿島槍ヶ岳五竜頂上手前の雪庇(y)

 
五竜岳頂上にて

下山で注意すべきところは頂上直下の雪壁の下降である。雪質はややくさり始めているがまだ安定しているので、ロープを使わずに無事に下降できた。ここは転落したら命を落とすところなので、知り合いのガイドは固定ロープをセットしていた。昨年の北穂東稜のときと同様、ロープの使用についてはその判断が難しい。
基本、トラバースルートをたどり、14時過ぎには山荘に到着。とうとうB班とのトランシーバーによる更新はできなかった。

夕食までの時間は余った行動食をつまみにして、ビールを飲んだり今日の行程の振り返りなどをして、5時20分には夕食。夕食中にB班から電話があり、雑音で聞き取りにくかったが、雪の状況が悪く、予定通りの行動ができずに断念したが、無事唐松山荘についたとのこと。小屋番によると5日の予報は朝から雨とのこと。雨具を出して就寝。

5/4 唐松岳頂上山荘(6:30)−唐松岳(7:00)−唐松岳頂上山荘(8:30)−(11:00)五竜山荘(12:00)−五竜岳(13:30)−(15:00)五竜山荘(泊)

不帰3峰A尾根に向かったB班は、ルート下部の雪壁が崩壊し、取りつく島もないような悪コンデションのため、途中で撤退し唐松山荘へ。


5日は5時20分に朝食。外は小雪である。 今日は五竜とおみスキー場までの、遠見尾根をたどっての下山である。後のことを考えると、雨よりは雪のほうがずっとましだ。スキー場に着くころにはとうとう雨になったがそれほどの雨でなくてラッキー。テレキャビンで山麓駅までおりて、十郎の湯で汗を流し、白馬駅前で昼食をとった。白馬駅で偶然にもB班の冨田、長嶌両名にあって、12:26分の大糸線にのり、松本まで一緒だったが、ふたりとも食事をとっていないとのことで、松本で別れて、A班の5人はあずさ(14:49)に乗って帰京。

5/5 西遠見山付近のユニークな雪洞雲に頭を隠した五竜岳

 
小遠見山を過ぎればあと少し五竜スキー場テレキャビン駅

十郎の湯

5/5五竜山荘(6:00)−小遠見山(8:30)−五竜スキー場アルプス駅(10:00)−山麓駅(10:30)−十郎の湯(11:00)−大糸線白馬駅(12:26)−松本駅(14:49)−(17:26)新宿

(以上、小野記)


不帰景A尾根登攀報告

2014年5月4日(日)メンバー、富田、長嶌
連休後半のワンチャンスを狙って起床したものの荒れ狂う強風にややあきらめ の境地で床に入りうとうとし縦走組と食堂で弁当を食べ一緒に唐松岳に登頂!

強風も収まってきたので少し遅いが、登攀に向かう不帰への縦走路を下り、D ルンゼの下降地点を雪庇のない所を選び唐松沢を下る、C尾根はやはり登攀者 が多い!A尾根の末端近くまで下り、Bルンゼから100mほど登りA尾根に 伸びている雪壁を登り、先行ハ゜ーテイのビレイ点に到着!

唐松沢から不帰3峰(n)

(ルートの状況が)悪いのか?(先行パーティの)ロープが延びない。かなり待たされて、腐ってきた雪壁からスタート!2〜30m雪壁を登り、最初の核心部の凹角(チムニー)を登るがホールドが少なく右のフェースを登ろうか凹角内を登るか迷うが下向きのハーケンや頭の動くハーケンを頼りに引っかからないアイゼンをガリガリいわせながらズリ上がりやっとのことで凹角をぬけ、脆い垂壁を直上しセカンドの見えるしらびその木でビレイ!

セカンドは雪壁はスムースにのぼってきたがカブリ気味の凹角に足りないギヤを補うためにスリングや重いザックを残してきたためにのぼりずらいようで、手こずってる様子。そのうち、「登れなーい」と言ってくるので、一度、降りて登り返すことを考えてみたが空には、いつの間にか雲がかかり太陽のまわりに円形の虹がかかり、悪天のきざしを感じる。下降を決断し、まず垂壁の取り付きまでおり、そこから長嶌にビレイしながらBルンゼまで下降してもらい、降り立ったのを見届け続いて下降!

強風のため出発が遅れたのと、雪稜の高さが2mほど低く垂壁となっていたため難度が増したことが敗因となった!名物のキノコ雪も殆どなく、岩が大きく露出していて時間が読めない!BルンゼをC尾根末端まで下り、おりてきたDルンゼを2時間近くかけて登り返し、縦走路から唐松山頂を超えて山荘に戻った。

翌日も雪混りの強風と濃霧のなか、下山したが、下山口が見つけられないパーテイや、丸山ケルン付近では自信満々でさっそうと下ってきたパーテイが右の尾根(間違い)をぐんぐん下っていき、後刻我々を追い越して下っていったのは、思わず笑ってしまった。

冨田 記


【横倉感想+写真】】
今回の「唐松〜五竜岳」2泊3日例会山行は、春山の要素をあまねく織り込んだものであり、尾根歩きとは言え楽しいものとなった。まず天候だが、日替わりメニューのごとく、第1日目は予報通り「八方山荘」を出発すると小雨となり、八方ケルン辺りからは風も強まる。丸山ケルンから冬道を辿る辺りでは時折対風姿勢をとりたくなるような強風。瞬間的には風速20m位に感じた。この時期雪ならまだしも、雨は辛い。濡れたパーカー・手袋はまるで冷凍庫に入れたようにバリバリになってしまった。
唐松山荘には乾燥室があり、1時間という制限付きながら、濡れた(というよりも凍り付いた)衣類・手袋等を乾かすことが出来たのは幸いだった(結果的には半乾きだったが)。 前線が通り過ぎた午後5時30分辺りから天候は回復し,不帰・剱・五竜等北アルプス北部の山々が残照に映え実に美しく、神々しくさえある。今日の辛かった登りも報いられる思いであった。風は依然として比較的強く吹いていたが、冷え込み度具合からして翌日の天気は良さそうであった。

5/3夕 唐松岳への稜線と不帰の剣(y) 同、雲に隠れた剱岳(y)

 第2日目、ピーカンの天気。昨夕残照に染まった北アルプス北部の山々が、今度は朝日に輝いていた。唐松往復後、不帰のバリエーションへ向かう冨田パーティーと別れ五竜へ向かう。情報では平年に比べ雪は少なめ、とあったが、実際夏道の出ている箇所が多いと思われた。ただ、春山の場合「雪が少ない」ことはイコール「登り易い」ことを意味しない。アイスバーンの上にうっすらと雪の乗った岩稜、凍り付いたザレ・草付など余り気持ちのいいものではない、結構気を遣う。もっとも「最底の鞍部」から五竜小屋までは夏道同然で全員アイゼンを外してしまった。
 五竜へは小屋に荷物をデポ。一応念のため全員ハーネスを着け、上原さんにはロープを持って貰い、他の3人は空身で向かう。山頂直下の雪壁はまだそれほど雪が腐っておらず、ステップも比較的しっかりしている。更に上部の岩場も鎖がしっかり出ていることから、結局ロープを使用することはなかった。山頂に着くと薄曇りの中太陽が光環に包まれており、早くも天気は下り坂。しかし視界は良く360度のパノラマを満喫する。やはり春山は美しい。鎖場・雪壁を通過後、下山ルートは稜線通しのルートは登りはまだしも下りは神経を使いそうなので、トラバースルートを採ることにする。小屋に到着後天気予報を聞くと、明日は朝から雨との予報、気が滅入る。

5/4 朝日に光る剱岳(y)同、五竜岳(y)

 最終日、曇天の中雨ではなく小雪が舞っている。全員ほっとする。気温氷点下2度。下山はひたすら遠見尾根を下った後、全員日帰り温泉に立ち寄りリフレッシュ。白馬駅で昼食に「そば」を摂り帰京した。

 今回は入会して日の浅い上原さんもパーティーに加わったことから、要所々々で雪上技術や地形図・コンパスの使い方等の実地講習を行いながら、事故もなく、冗談が飛び交う賑やかで、実に和やかでかつ楽しい山行となった。小野会長・柴原さん・柴崎さん・上原さん、お世話になりました。
 なお、申し訳なかったのは、五竜頂上直下の雪壁を降りる際、上原さんに指示をしながら、アイゼンの歯が上原さんの頭頂部に触れてしまったこと。瞬間、違和感を感じ、アイゼンを引き上げたため、幸い傷ひとつ負わせなかったから良かったものの、上原さんに指示したように「バケツにただ無造作に足を置くのではなく、自分でもキックステップを刻みしっかり立つこと」を実践していたら…上原さんごめんなさい。

【上原感想】
今回の唐松岳〜五竜岳は、私の念願でありました積雪期の北ア縦走を無事 でき、かつ、憧れ&雪化粧した剱岳を目前で見れて大変有意義な山行でした。

また、初日の風雨による耐寒訓練的な登り、二日目は快晴下・快適な稜線歩き、 三日目はミニ吹雪の中の下山等々、天候による怖さと楽しさを実感できとても 勉強になりました。

そして、小野会長のパワフルな歩き(→着いて行くのがしんどかったです)、横倉さ んから教わった雪上での歩き方(→下りでの逆キックステップ、肌身で教わった※(笑い)雪面下降での手足の刻み方)、柴原さんと柴崎さんの会話で苦しい時でもとても癒されたこと(→例:三日目下山時に五竜スキー場のゴンドラが見えた時「柴原さん:敵は前方にあり」「柴崎さん:ゴンドラは適じゃなく味方です」)等々、個性豊かなみな様にご指導いただき感謝です、ありがとうございます。
※肌身で教わったので雪面下降は次回からは大丈夫です!
来年は五竜から雄大に見えた積雪期の鹿島槍に行きたいと思いました。

【柴崎感想】
昨年3月赤岳主稜以来の雪山登山。ワクワク!!
それなのにお天気が怪しい。このところ雨女になりつつある。
不覚にも(撤退命令でなくてよかった)オーバー手袋と予備手袋を忘れ、年期の入ったウールの手袋は凍り付いていた。
山を始めて以来の本格的な雨?で、防水を含め装備の重要性を再認識させられる。 丸山ケルンを過ぎ、岩稜帯ではストックからピッケルに持ち替えねばならぬところで注意もうけた。まだまだだな。
夕食時、劔岳の後ろがオレンジ色に染まり嬉しい予感!!
早朝の風もおさまり唐松岳から富士山も見えて素晴らしい景色。
雪をまとう山々はホント魅力的。
五竜という響きに誘われたこのたびの山行。唐松岳頂上山荘をでるとすぐに岩稜帯へ。久しぶりの岩稜歩きにワクワク!!
不帰の峰に臨む二人が気になるものの電波も届かず。チェックインを済ませ手ぶらでいよいよ五竜岳へ。
トラバースと岩が顔をのぞかせる雪壁を帰りは下りたくないと登る。頂上直下の鎖場は鎖がみえていたので難なくクリア。途中、雪解け具合に合わせ一割ほど羽の色を変えている雷鳥もみえた。
雪壁の下り、踏み込みの甘さを指摘される。トラバースも見上げてたほどの傾斜ではなく、無事帰還。
4日のみだったが、天気に恵まれ、たのしい残雪期の山行となった。皆々様ありがとうございました。

今年は、西穂から奥穂の縦走や北鎌のリベンジ、頑張るぞ!!


山行記録Topへ
-----------------------------7de1a1d4047c Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream