シャモニクラブ 山行記録

春のザイル祭

日時:2014年3月19日〜20日

参加者: 冨田、柴原、山川、川井、猪口、藤波、小野、柴崎、長嶌、上原、ゲスト1名


19日の午前中は、フリーにクライミング、午後はレスキュー訓練、年次総会、20日はフリーにクライミングの予定だったが、午前中は猪口、藤波の2名のみが連続登攀を楽しみ、午後からは全員がレスキュウ訓練(冨田講師)に参加。年次総会が終わり、所用で猪口が下山したが、途中で川井とすれ違ったとの連絡。夕食がひと段落したころに川井が小屋に到着し、夕食の予約がしてなかったので、スペシャルのカレーの夕食。そのあとは持ち寄ったお酒、ワイン、ウィスキーを飲みながら歓談。

翌日早朝に私とゲストのKさんはかねてからの予定通り早朝5時半にに四季楽園を後に下山し、帰途についたが、出発時の小屋前テラスの気温はマイナス4度で、樹々は霧氷、地面は凍結し、昨晩の降雪の跡が残っており、クライミングができないのではないかと懸念していたが、案の定、その後の天候も悪く、クライミングを断念して、皆下山したとの報告。

4/19 四季楽園4/19夜 夕食後の懇親会

レスキュー訓練のプログラムはここをクリック

プルージック結び(1)プルージック結び(2)

プルージック結び(Prusik Hitch)はスリングの結び目を中に入れる方法と外に出す方法がある。

自己脱出の準備(主ロープに自己を固定する)プルージックによる自己脱出

バックマン結び(Bachmann Hitch)バックマン結びによる脱出

初心者へのベテランのレクチャーベテラン組はそれぞれの方法での自己脱出

ムンターヒッチ(Munter Hitch)による引下しムンター二重かけ

ムンター二重かけによる二人同時に引下し1:3の引き上げ

同、引き上げられる山川小屋のストーブの前で

4/20早朝 標高1500m付近の霧氷

御殿場から山中湖、河口湖近辺は桜が満開だったが、三つ峠の登山道はまだつぼみで、開花はもう少し先になりそう。いつもこの時期は山道はぬかるんで、長靴で登ることにしているが、今回は凍結していて、運動具打つでも何とか登れる状態だった。四季楽園について昼食をとり、支度をして、13時から16時まで、深い霧と冷たい霧雨、のなか、搬送を除くプログラムを終了し、ぶるぶる震える体で小屋に帰った。

年次総会は別の間で、9人+委任状2名の出席で行い第一号議案から第四号議案(6月以降の年間行事は新役員のもとで決定するという付帯条件付き)を全会一致でで承認したが、第五号議案の役員改選については、一部、被推薦人の拒否/辞退があり、決まらなかったため、世代交代という方針のもと役員を一新するという条件で、新役員選任は会長一任となった。 (小野記、写真も)


山行記録Topへ
-----------------------------7de3c99b05ec Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream