シャモニクラブ 山行記録

谷川岳 雪洞 天神尾根

日時:2014年3月22〜23日

参加者: 藤波(L)、小野(SL)、冨田、横倉、長嶌、上原、柴崎(23日のみ)


行程:
22日
 上毛高原駅よりバス、ロープウェイを利用して天神平に到着、ゲレンデ脇の斜面で雪洞堀り、お昼休憩をはさんで二つの雪洞を完成させ、雪崩捜索訓練、夕食。

23日 6:00起床〜9:00雪洞出発〜10:30穴熊沢避難小屋〜12:00肩の小屋〜12:15トマの耳頂上〜13:00肩の小屋発〜(途中でショートロープによる確保技術演習)14:55雪洞到着。

以下の写真提供は長嶌(N)、横倉(Y)、小野(O)


3/22雪洞掘り、上原(Y)同 冨田、小野、藤波(N)

同 長嶌(N)同 藤波(O)

3/22雪崩捜索訓練 ビーコン操作 (O)同 リーダーの捜索指揮(O)

同 埋没地点捜索(O)同 掘り出し(O)

感想 藤波
今回の山行は、雪洞構  築をベースとした一般ルートの雪山登山とのことでリーダーを任命されました。雪山登山は長年経験してますが、雪洞構築は初めて、雪洞泊は二回目、ビーコンでの埋没者探索は機器等の操作に不慣れでひどい状態でした。
初日の雪洞構築の際、1時間程で右のオーバー手袋(新品)が破れて冷たい思いを しました。二日目は天神尾根から谷川岳(トマノ耳)へ。
熊穴沢避難小屋あたりから ホワイトアウト状態になりましたが適当な間隔で竹標識(赤布が破れて少し見にくい) が刺して有り、なんとか昼ごろ頂上到着。写真撮影をして下山開始。ホワイトアウトの 下りは方向が良くわかわず冨田さんにお任せの面目ない状態でした。下山はショートロープの実践(確保は楽ですが神経が疲れます)をしました。15時ごろ最後尾で無事雪洞に到着。

今回、埋没者探索では、ビーコン操作がお粗末で山行前に取説を読まなかったことを反省します。プロープ(ゾンデ棒)を自宅で操作しなかっいたことも同様です。 二日目の登頂の際、途中でホワイトアウト状態になっても登頂をなぜ続行したとのご意見も出ましたが、今回のメンバーを鑑みてリーダーとして早めに引き返す決定(今回のルートは初めてで有り、直近のリーダー要請の為)をしませんでした。私が実質的なリーダーでしたら今回の気象条件の場合、頂上へ行くことは100%有りませんでした。埋没者探索とホワイトアウトでの対応等、苦手なことが実践できて改めて際認識しました。

雪崩捜索、掘り出し(O)同 プループでの捜索訓練(O)

夕食準備 (Y)3/23朝 雪洞外観1(O)

雪洞外観2 (O)3/23 起床 (O)

感想 長嶌
初雪洞は、思っていたより意外と楽しかったです。ピッケルで掘り始め、途中からスコップとスノーソーを使いました。スノーソーの威力は、行く前から聞いていましたが、スコップも、あるのと無いのとでは大違い!ピッケルのみだったらいつ出来上がっていたか。。
2つ作った雪洞のうち、小さい方を重点的に作りましたが、天井の凹凸をピッケルで整えている時は、職人になった気分。内装工事はとても楽しかったです。が、結局大きい方に泊る事になったので快適性の検証はできませんでしたが。。次に作る時は、もっと快適で綺麗に作る事が出来るのでは?と思っています。結論、雪洞は寒いけど面白かったです!
また、プロープのさばき方が以外と難しかった事や、ビーコンも本当のデブリの中でどれだけ使いこなせるか、疑問が残りました。
2日目の谷川岳登頂は、強風とホワイトアウトに近い状態の中で、色々な経験が出来ました。柴崎さんと頂上近くで目印の旗を立てましたが、視界が開けてくると、そもそも登りのルートもずれていた事にビックリでした。
2日間を通して思った事は、登るならやっぱり雪山が良い。そして荷物は背負うもので、手に提げるものではない。
ネギは長ネギも玉ネギも共に、きざむとジップロックしても臭う。でした。

天神尾根(N)同 (Y)

天神尾根(O)同 (O)

雪の斜面にできた亀裂 (O)天神尾根(O)

感想 柴崎
入会以来初の3月雪洞・谷川となった。
朝イチのゴンドラで上がった時は、降雪0メートルにも関わらずトレースはなく膝まですっぽり。
残念ながら設営には参加できなかっつたが、念願?の雪洞内覧・体感はできた。谷川岳に向け出発する頃には、しっかり道もついていた。次々に現れる白い稜線に登山者の姿。自分たちもあの風景になっていくのを思いワクワク。天狗の腰掛け岩をすぎる頃からホワイトアウトの場面も。ただ、ガスや降雪によるものでなく雪が風に巻き上がる感じ。耐風姿勢をとり、時を待ち、旗竿(できれば2つ先)を確認し進む。
(うん〜、人生もこんなかんじ?)
ホワイトアウトの中たどり着いた頂上直下の指導標。最短距離で直進、念のため途中赤旗を立てておいたが、登頂後は肩の小屋経由の旗竿を追ったものだから赤旗は広場の真ん中にポツリたっていた。下山開始してしばらくすると視界もよくなる。白い尾根に立ち、下界を見下ろす。なんとも言えず気持ちがいい!!鳥にでもなった気分!!
ショートロープのトレーニングをされていたのは承知していたが、撤収時間を考慮し先を急ぐ二人を送り後方の確認のため一人待つ。いろいろ反省点(最後の最後、ロープウェイ駅にひとり置き去りにしちゃったのもまずかったし)もあるかと思うが、今回の冬山山行はとても有意義だったと感謝している。皆々様 ありがとうございました。

天神尾根 (N)トマの耳への分岐 (N)

トマの耳(N)同 (O)

感想 横倉
新会員向けといっても、今回は上原さんのみお迎えしてのものとなってしまい、教育担当としては一抹の寂しさがあります。
入山初日の雪洞作りでは、新会員の上原さんが骨身を惜しまず奮闘してくれました。 また、ビーコンを使った雪崩埋没者捜索訓練でも、早々に操作に馴れ的確に遭難者発 見をするという成果が認められました。
翌日の天神尾根からの谷川岳登頂に関して、私としてはいくつかの反省点があったよ うに思われます。結果的に事故もなく下山したことを持って全てよしとするのではな く、そこに潜在した危険性・問題点をお互いに認識し共有することも必要かと思いま す。
最近しばしば例会でも話題になるリーダーとパーティーの問題ですが、自分としては、パーティーを編成した場合、そのリーダーは基本絶対的なものだと思っています。勿論これはリーダーが独善的でよいという意味ではありません。リーダーが熟考し、下した命令には、その判断が常軌を逸してない限り、個人的な考えは抑え、命令に従うべきという意味です。
その意味で、常に全体状況を冷静に把握し、的確な判断を迫られるリーダーの責任は重いと思います。パーティーのそれぞれが、勝手な意見を主張し、かつリーダー が明確な判断を指示しない場合、パーティーは単なる烏合の衆に過ぎず、結果重大な事態(遭難)を引き起こす潜在的な危険性を持っているといえるでしょう。少し誇張気味に聞こえるかもしれませんが、パーティ全員が無事に下山するまで、全員の命はリーダーの手の中にある、といっても過言ではないでしょう。
今回小屋から下山時、ホワイトアウト状態で下山ルートを左に外れた際、結果的にすぐに正しいルートに戻ることが出来たのも、冨田さんの豊富な経験と冷静な判断に負うことが大きかったと思う。
無事に終了した山行にも概して反省点は残るものです。事故無く山行が終了してOKというのではなく、それぞれの山行の都度例会等で反省点を洗いいだすこ とで、結果それを今後の山行へ資する必要があると思います。

斜面に刻まれた亀裂(O)ついに天候は回復せず (O)雪洞に到着 (O)


山行記録Topへ
-----------------------------7de2a41630788 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream