シャモニクラブ 山行記録

東黒沢白毛門沢

日時:2013年8月25日(日)前日テント泊

参加者:有村(L、報告、写真(a))、内山(SL、写真(u))、小野(写真(無印))、森(写真(m))、柴原、小林、長嶌(写真(n))、大橋(写真(o))、藤波、

コースタイム
白毛門岳駐車場6:00⇒タラタラのセン下の5m滝8:30 8:45⇒20mナメ滝上の大岩 9:50⇒二俣10:30⇒白毛門岳頂上12:30下山13:40⇒駐車場16:40


8月24日(土)曇り時々晴れ
参加者9名が内山、小野、有村の車に分乗し24日午後それぞれ首都圏を出発する。当初、当日の夕食は各車単位ですませる予定だったが、たまたまほぼ同時刻にみなかみ町道の駅「水紀行館」に全員が集結できたので、すぐ隣のスーパー「サンモール」で翌日の朝食、行動食等の買い物をした後、午後5時頃、道の駅から徒歩10分ほどのレストラン「諏訪峡」に行き全員で夕食をとる。

夕食後、白毛門岳登山口の駐車場に向かう。午後6時頃到着しテント設営を始めるが、すぐに薄暮となり設営を終えたころはすっかり暗くなっていた。
指導センターで宿泊の長嶌を車で送った後しばし歓談し午後8時半ごろ就寝。

8月25日(日)曇り時々晴れのち雨
午前4時半起床。
心配された天気も曇り空だが何とか持ちそうな様子で一安心する。全員それぞれに朝食の準備や出発の準備をしている最中に長嶌が指導センターから合流。朝食をすませ予定どおり午前6時に駐車場を出発する。総勢9名の賑やかな集団である。東黒沢左岸の登山道を15分ほど登りナメが始まるあたりで沢床に下りる。前日までの大雨で水量がかなり多いのでここで沢靴に履き替える。15分ほど溯上し左に曲がるとすぐにハナゲの滝に着く。いつもは穏やかなハナゲの滝も今日ばかりは大雨による上流の水を集めて一気に流れ落ちる豪快な滝に変身していた。

8/25 5:00、キャンプサイト6:00、朝食後、出発(o)

同(u)沢靴に履き替えて練習(o)

ハナゲの滝(n)入渓前の注意事項を聞く(n)

 (/table>
遡行開始前(u)同(u)
ハナゲの滝右岸を登る(m)水かさをました水流(o)

東黒沢との分岐を前に(o)東黒沢川から白毛門沢へ(o)

白毛門沢へ入る

東黒沢との分岐点からいよいよ白毛門沢に入る。タラタラのセンまで幾つかの滝を直登或いは高巻きしながら午前8時半にタラタラのセン直下の5mほどの滝に到着。ここで20分ほど休憩する。5m滝を右から軽く巻くとタラタラのセンの直下に出る。通常ここは高巻きであるが、見上げると3人パーティがロープを延ばし果敢に直登にトライしている。
我々は定石通りすぐ左手の黄色いテープに導かれ高巻きに入るが、この高巻きがかなりの急登でしかも前日までの雨で泥壁状態になっており足場が悪く結構神経を使った。途中隣り合った枝沢を2本横断し踏み跡を辿るとじきに沢に合流する。さらに6m滝を越えると大岩直下の20m大ナメ滝である。ここは最初右側から登りナメの中段で左へトラバースし大岩の下まで登る。

ナメ、小滝の連続(o)初めての沢、小林(n)

小滝を登る(n)5m滝(n)

激しい水流のトイ状の滝(u)高巻き(u)

2段11m(o)水量豊かな小滝・ナメ滝

タラタラのセン下部を登る(m)タラタラのセン

タラタラのセン上部初めての沢でがんばる大橋、小林(n)

タラタラのセンを越えて(o)5M滝の前で小野、小林(n)

大岩の前に大ナメ滝(n)大岩(サンペイ岩)、余裕の長嶌(n)

左岸を登る内山(n)遠くにジジ岩ババ岩が見える(n)

大岩は水量が多いため左から巻き大岩の裏を抜けて沢に戻る。二俣には10時30分に到着し、右俣に入る。左俣の入口には茶褐色の5〜6mほどのナメ滝がかかっているので、二俣の目印になる。右俣に少し入り見上げると、稜線直下にこれから詰めて行く沢筋がくっきりと望見出来る。

二股、右俣が正しい二股の目印、左俣の茶褐色のナメ滝、こっちはダメ(o)

源流ナメ(a)源流ナメ(a)

源流ナメぁ⊂林(a)ジジ岩、ババ岩(n)

まだまだ先は遠い。晴れた空からじりじりとうなじに日が照りつけ暑い。沢は気持ちのいいナメの源流帯からいつしかスラブの岩登りに変わる。これを忠実に詰めて行くと小さな二俣に出る。右手は草つきの踏み跡で立った露岩のスラブ帯の方へ続いているが、ここは左手の明らかに沢筋の延長と思われる方に入る。草つきと露岩交じりの傾斜の強い踏み跡を辿ると最後はひざ丈ほどの熊笹となり、これをかき分けて行くとすぐに白毛門の頂上に出た。

一休み。長嶌、内山、小林、藤波、大橋、森スラブ帯(n)

上部スラブ帯(m)同(a)

間もなく頂上(o)12:30、白毛門頂上(o)

笠ヶ岳、朝日岳、シ゛ャンクションヒ゜ーク谷川岳東面

全員集合@白毛門、(前)藤波、有村、内山、(後ろ)森、大橋、小林、長嶌、小野(n)

13:40、下山開始(o)上部スラブ帯を振り返る(n)

タラタラのセンを振り返る(n)16:30、キャンプサイトに到着(o)

頂上で1時間ほど休憩の後、1時30分ごろ駐車場目指して下山開始。白毛門岳の下山路は急降下でしかも途中無数の木の根が登山道表面に露わになっており、非常に歩きにくい。ただでさえ疲れた体に疲れが倍加する思いで下る。駐車場に着く手前で突然の雨に見舞われ雨中のテント撤収となる。

帰りは昨日と同じ「諏訪峡」で全員で夕食をとった後解散した。

[有村感想]
沢登り初体験の新人も含め9名もの参加で、しかも水量が普段より多いことが予想される沢登りに幹事として多少の不安はありましたが、心配していた天候にも何とか恵まれ、また、途中、ちょっとしたスリップや高巻きの登り過ぎなど小さなトラブルはあったものの、ほぼルートを間違えることなく全員無事に完登できたことは何よりでした。
初体験の新人会員の方、初めての沢はいかがだったでしょうか。沢登りの醍醐味を味わってもらえたでしょうか。
それにしても、かなり登攀的要素の強い沢登りで、全く不安を感じさせない安定した登りを見せた新人会員全員に感服しました。

[感想、森]
谷川の沢は初めてでしたがスケールの大きさを感じました。
水量が多かったので「へつる」ような感じとスラブ状歩きは滑らないよう足に堪えた。 遡行もきつかったが、核心は足元が不安定な急下降、木の根が邪魔な下山にあった。

[感想、小林]
この度は初の山行にご一緒させていただきありがとうございました。また、これまでの準備や当日の面倒など、様々なお気遣いありがとうございました!
若干の不安を抱えながらの参加でしたが、おかげさまで快適で楽しい沢登りとなりました。
沢靴の機能に驚きながらも水の中を進んでいく醍醐味に魅了され、途中からは少しだけ冒険心が芽生えたのか、遠回りになるようでもあえて水の中を進んで行く余裕も生まれました。次回は別の企画になるかと思いますが、沢登りは別の山でもチャレンジしたいと思います。
この度は大変お世話になりました。引き続きよろしくお願い致します!

[感想、長嶌]
30年来の念願であった沢登りは、思っていた通りとても楽しいものでした!
前日の雨のお陰(?)で水量も十分でナメあり、小滝あり、巻き道ありで飽きないルートでした。
新調した竿をいつ持って行くか・・・。
魚のいそうな、静かな沢にも行ってみたいです。

[感想、大橋]
初めての沢登りでしたが、事前に皆さんからアドバイスをいただき、装備も整えて臨むことができたので特に不安に思う場所もなく快適な沢登りを楽しむことができました。
ただし、今回は完全に『連れて行ってもらった』のであり、進むべきルートの選択や高巻きの際のルートファインディングなど、今後のためにも自分で地形図や遡行図を確認しながら行くべきだったな、と反省。
とは言え、水で涼みながら歩けるので行動時間の割には疲れも少なく、夏の暑い時期の沢登りにハマってしまいそうです。次回は丹沢や西沢渓谷など、近場の沢にチャレンジしようと思います。

[感想、藤波]
有村さん幹事お疲れ様でした。遡行中は、ほどほどに涼しく快適でした。技術的には簡単なルートでしたが、滑らない様に用心しすぎたためか、足の置きかたに集中しすぎ、右のももと膝の筋肉が帰宅してからひどい筋肉痛でした。(3日経過した現在、だいぶ回復しました。)

[感想、内山]
水量の多い中、沢は初めてという新人の方たちもしっかりと歩いていたので驚きました。自分は月曜日から水曜日まで筋肉痛、睡眠不足で散々でした。やはり日頃のトレーニングと岩からあまり離れないようにすることが肝要と思いました。剣では、生憎の天気でしたが、白毛門は遡行中、雨に降られなく予定通り行動できてありがたかったです。膝のほうも大丈夫です。ご心配をおかけしました。

[感想、小野]
新しい人が増えてうれしいですね。今回は久しぶりの沢登りで、楽しかったですね。 何でもないところでスリップして、内山さんに迷惑かけましたし、みなさんにご心配かけましたが、無傷でした。夏は沢がいいですね。

 


山行記録Topへ
-----------------------------7dd26da60b92 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename="" Content-Type: application/octet-stream