シャモニクラブ (個人)山行記録

鹿島槍・白馬五竜(縦走)

日時:2013年7月13日(土)〜15日(月)
参加者:渡邉


ルート

7月13日(1日目) 扇沢(12:00)〜柏原新道〜種池山荘(15:00)爺ヶ岳(北16:00)〜冷池山荘(17:00) テント泊
7月14日(2日目) 冷池山荘(9:00)〜鹿島槍(11:30)〜キレット小屋(12:45)〜五竜(17:00)〜五竜山荘(17:30)小屋泊
7月15日(3日目) 五竜山荘(05:45)〜遠見尾根〜アルプス平テレキャビン乗場(09:00)

7月の3連休は縦走に出掛けようと約束していた友人と、鹿島槍からの劒を見に行くこと期待一杯に出掛けたものの、悪天候により僅かに進行方向の稜線を捉える程度で、鹿島槍の双耳峰さえ見る事がなく残念でしたが、雨風対応等、悪天テント山行の良い練習になりました。一方、足元は明るく、鹿島槍から五竜に向かう道すがら、岩伝いに群生するコマクサの花びらに雨露が滴り、五竜山頂への登りではガスの切れ間から薄紫青のウルップソウの絨毯が舞いあがるなど、白馬ならではの高山植物を楽しみました。

当初の計画は八方尾根経由で五竜(初日)、翌日冷池(2日目)、最終日に調子が良ければ種池から針ノ木を回ってくるものだったが、13日の早朝4時、八方の駐車場に到着すると間もなくバケツをひっくり返したような大雨に。暫くの停滞を決め込んで仮眠、9時過ぎに大きな雨音で目が覚める。さてどうしたものかと、天気図等も見ながら、高気圧の北端を狙って 南の方なら行けるかもと扇沢に向かうこととした。

扇沢に着くと、雨は降っておらず、予報等見て、午後は天気が持ちそうと、11時半頃に車を出て登山口に向かう。遅い 出発であるから、種池山荘まで行き、ペースと天候次第で、その後の計画を決めることで出発。前後に単独行者2名程。
柏原新道へは扇沢バスターミナルから数分手前、丁度扇沢を渡る橋の(大町から来たら渡って)北側に10台程の駐車スペースがあるが、北上した場合、戻りは大町からのバスで扇沢ターミナル着であることを考えて、ターミナルの無料駐車場に車を停めることにした。

扇沢から稜線に出るまでは樹林帯の中を行く、雨天時には好都合なルートだが、視界もそれ程きかず、高度1,000mを 一気に上げるため、お喋りしたり、おやつ食べたりなどして気を紛らせないとウンザリする。同行者Yは足が速いが、私のペースに合せて歩いてもらう。同中少しばかり降られたが、大樹の陰で雨宿りし2時間半強で種池山荘に到着。曇天なれど無風、体調良いため、山荘で一息ついて、急ぎ足で冷池へ向かう。多少風が出てきたが、心地よい稜線歩き、ここで雷鳥を発見。やたら大きいなと思っていたら腹の下からモゾモゾ子供が数羽出てきた、初めての子雷鳥!

冷池山荘にはどこから降ってわいたのか、相当数の登山客で溢れていた。自炊室は小屋の中、2テーブルあり、混雑していなければテン泊者にも開放されているとのことだが、テン場まで歩いて10分の急坂を思えば、とても往復する気には なれない。空は比較的明るく、小屋で簡単に着替えを済ませてからテン場で設営を始めるやいなや、強風と豪雨。小屋でレインウェアを脱いだばかりだったので、すっかり服を濡らしてしまった。

なんとかテント(といっても今回は軽量化の為フロアレス)に入るが、雨に濡れたせいもあり寒さが気になる。両親への恒例土産となった小屋シャツを着こみ、シュラフに潜り込むが、夜通しの暴風雨でテントがばたつき、全く、寝つけず、漸く明るくなった頃にウトウトし始めたが、暫くして、また雨の音で目が覚めた。

日曜日、さて下山するか進行するか、相談の結果、多少の雨は来そうだが、夕方にかけて回復の兆しありとのことで、また雨の合間を見て、出発。風はそこそこ強いが雨は無く、憧れの鹿島槍の双耳峰を見ることなく、南・北峰と個別訪問。鹿島槍を超えてから雨が強まる。キレット小屋までの岩場では足を滑らせない様にさえ気を付けていれば快適で、稜線の西側に出れば風雨も避けられる。キレット小屋手前の梯子場で修繕中の山岳警備隊の人と挨拶を交わし、程なくキレット小屋に到着。暖かいお茶を飲み、「お楽しみ」の葡萄を取り出し、今日はとても静かだという小屋の人にも分け、やっぱり果物はいいねなどと言いながら小雨の中を急ぎ足で五竜に向かった。

五竜頂上までは強風と雨がずっと伴走してくれたが、西南の空が明るかったのでそれ程不安には感じなかった。17時丁度に五竜着、その瞬間、5分程、ガスがさっと引き視界が開け、薄日が射したのが神秘的だった。体が冷える前にと急ぎ頂上を後にし、17時半、五竜小屋着。流石に悪天候の為滞在者も少なく、たっぷりの寝場所を確保できた。19時頃には北西、毛勝三山に美しい夕焼けが見られた。

東京でやり残した仕事を片付ける要あり、早々に小屋を後にし、遠見尾根を滑り降りるように下る。途中、大遠見までは雪が少し残っていた。東側は快晴で、降りる程にジリジリと暑くなり、氷が解けて足元が悪く、何度かぬかるみに足を取られた。小遠見には冬期登攀の慰霊碑が数多く、そっと手を合わせ、冬の白馬に思いを巡らせながらキスゲの咲き乱れるアルプス平へまっしぐら。まだ9時というのに相当気温も上がり、早出して良かったとゴンドラに乗り込んで帰途に着いた。

キレット五竜岳頂上


山行記録Topへ