シャモニクラブ 山行記録

三ツ峠・春のザイル祭

日時:2013年4月20日(土)〜21日(日)
参加者:川井、冨田、柴原、猪口、有村(写真、(a))、藤波、柴崎、長嶌、大橋(写真、(h))、渡邉、蓑和、小野(幹事、写真、(o))


4/20 四季楽園、時ならぬ雪(h)

恒例の春のザイル祭を三ツ峠で開催し、会友の蓑和さんを加え総勢12人が参加して、クライミングとクラブの総会をおこないました。
この時期の裏登山道は凍結したり熔けたりで、四季楽園まではゴム長靴で歩くのが常識になっていたが、今回はしっかり道が乾いて固まっているとの小屋の情報で、アプローチシューズか運動靴で登った人が多かった。
蓑和さんを横浜でピックアップして、東名御殿場経由で登山口にやっとの思いで駐車スペースを見つけて歩き始め、四季楽園についたときはすでにみんな岩場でクライミングをしているとのこと。
急ぎ昼食を食べて、岩場に向かった時には晴天が曇り始めて、岩場についたときには、みぞれになった。そして、みんなはクライミングをやめて、小屋にひき返し始めた。
猪口・渡邉、冨田・長嶌のペアが居残り練習を始めたが、人工登攀のおさらい(穂高屏風岩登攀に備えて)のため、冨田パーティを残して、小屋に引き返すことになった。

一般ルート(h)同(h)

フレークを登る柴崎(a)同、手前に有村、藤波(h)

渡邉(h)同、懸垂下降(a)

師弟? 親子?(a)急激に天候悪化(o)

集合(a)

残業(o)同(h)

頑張る長嶌とギャラリー(h)雪が降ってきた(h)

あっという間に(h)

夕食前には、総会を行い、2012年度の活動報告、決算、2013年度の計画、予算、役員選出などを行いました。 残念ながら、積雪によって、クライミングの時間が取れなかったのと翌日に予定したレスキュー訓練ができなかったが、新しい年度のスタートが切れた。帰路は雪道を運動靴で歩く羽目に。次はGWの穂高合宿です。


山行記録Topへ