シャモニクラブ 個人山行記録

会津駒ヶ岳

日時 2011年9月10日(前夜発日帰り)

参加者 清水利治、その他2名(ゲスト)

アプローチ 自宅―西那須野塩原(東北自動車道−檜枝岐村−会津駒ヶ岳登山口

歩程 会津駒ヶ岳登山口−水場−駒ノ小屋−会津駒ヶ岳頂上−中門岳
        −駒ノ小屋−水場−会津駒ヶ岳登山口

会津駒ヶ岳は頂上付近に高層湿原を持った美しい山で、尾瀬の燧ケ岳と檜枝岐村を挟んだ反対側に位置しています。会津駒ヶ岳登山口の手前の駐車場に明け方に到着して、仮眠をとり出発しました。

登山口より車で10分程林道を走り、登り口の手前で駐車しました。ここから1時間程急登で水場に到着。ここからは比較的なだらかな道が駒ノ小屋まで続きます。途中、先日の豪雨でえぐれてしまった登山道の修復を行っていました。木で枠組みしたところに石を詰める工事で、ヘリコプターでピストン輸送していました。

駒ノ小屋から会津駒ヶ岳頂上までは、緩い登りです。ここから今回の最終地点、中門岳までは、ほとんど水平な木道が続いています。中門岳は山の頂上ではなく、この周辺一帯の名称を言っています。帰りは、往路を辿って登山口まで戻りました。

登り口道の修復
駒ノ小屋頂上
中門岳


山行記録Topへ